SAP Language Partner SAP認定翻訳パートナー Kawamura International JSUG GOLDサポーター 川村インターナショナル
SAP ユーザーの 言語に関する課題をフルサポート  アジアで初めて認定を受けた専門家集団

川村インターナショナルは、2008年にアジア初のSAP Language Partnerとして認定を受けたランゲージサービスプロバイダーです。翌2009年にはPartner of the Year awardも受賞し、約10年もの間SAP社の認定パートナーで有り続けています。

SAP Partner SAPパートナー

なぜ我々のような専門家集団が存在するのでしょうか?

SAPの導入やカスタマイズ、追加機能開発や教育の過程で発生する翻訳には、高度な専門性を要求されます。トランザクションSE63を使った翻訳は、その代表例です。

SAP SE63(ワークリスト画面)

SAP社のソリューションは、企業の基幹となるビジネスプロセスをITに統合したソフトウェアです。数多くの専門分野に加え、IT基盤に関する一般的な知識(BC)が求められますが、すべての領域に対応できる翻訳者は存在しないため、特定の領域に特化したリソースをプールしてカバーすることが求められます。
出典:Community WIKI SAP Community https://wiki.scn.sap.com/wiki/display/ERPLO/ERP+SD

用語集の重要性は言うまでもありません。SAP社はSAP Termというサービスを一般公開していますが、それらは最新版ではなく、情報も一部制限されています。すべての用語にアクセスするためには、STM (STERM)というモジュールを使用することのできる、SAP認定翻訳パートナー・サプライヤーへの依頼が不可欠です。

機械翻訳 活用プラットフォーム

翻訳プロジェクト分析

テキストリポジトリ

用語集

UI検索

UI検証


パワーユーザー
ベテランの翻訳者であり、SAP翻訳のシステムランドスケープに精通している。翻訳者の教育も行う。

プロジェクトマネージャ
SAP翻訳のシステムランドスケープにおいて翻訳者や品質管理担当者に作業を依頼することができる。プロジェクト開始からデリバリまで、システム内のスコーピングを担当する。

品質管理担当者
翻訳者とは違う役割を担い、ソフトウェアの品質保証にも関わる。

翻訳者
経験年数に応じて、TR/TM/TGのシステム内でのロールおよび権限分けがなされる

当社はサプライヤーの一社として、SAP製品群のロードマップと共にローカライズプロジェクトに携わってきました。
15年以上の経験から多数の専門家リソースを抱え、教育し、スケールアウトしてきた実績があります。
現在、年間のプロジェクト数は1,000件を超えています。

出典:SAPジャパンブログ 超リアルタイムビジネスが変える常識 https://www.sapjp.com/blog/archives/18272

多言語プロジェクトも一括で。SAP認定パートナーが合弁したASAP Globalizers

SAP が認定するパートナーは世界各国に存在します。その中で主要な言語へのローカライズを担当する認定パートナー11社が合弁して設立したASAP Globalizers GmbH (ASAPG) は、同一の品質レベルとプロセスを共有する現地のSAPパートナーとして、多言語への一括ロールアウトにも対応することが可能です。 

多言語SAPシステムのロールアウトプロジェクトにおいて、日本国内でシステムのセットアップからデリバリまで、一括でローカライズできる翻訳会社は当社だけです。 

SAP Translation Hubを活用したワークフローの効率化

当社は、日本で初めてSAPが提供する機械翻訳ソリューションのプラットフォームである「SAP Translation Hub」を導入し、短納期で予算に制限のあるプロジェクトに対しても幅広い提案ができるようになりました。

SAP Translation Hubは、SAP Language Services (現 SAP LX Labs)がそのUI翻訳のベストプラクティスを凝縮した、UI翻訳最適化プラットフォームです。オンプレミスのABAPシステムにも、non-ABAP 言語で開発されたクラウドベースのUIにも対応できます。

Gitリポジトリからも簡単にプッシュできるSTHの一例


SAP ERPに対する保守サポートが2025年で終了します。SAP S/4 HANAに移行しようとしているSAPユーザーの皆さんには、いわゆる「2025年問題」による、様々なリソース不足が大きな懸案事項となってきています。当社はさらなるワークフローの効率化を図るため、SAP Translation Hubを積極的に提案しています。


まずはお問い合わせください

そのほかにも、SAP導入プロジェクト時に発生する通訳者の派遣や、トレーニングマテリアルの翻訳まで、SAPに関連する言語に関する課題は、当社にお問い合わせください。


Contact

お問い合せに際して取得する個人情報に関する同意書

Ⅰ.事業者の名称及び個人情報保護に関する管理者
 株式会社 川村インターナショナル 個人情報保護管理責任者 

Ⅱ.個人情報の利用目的
当社の業務及び個人情報保護マネジメントシステムに関しますお問い合せに当たって取得しました個人情報は、以下の目的で利用し、それ以外の目的では利用いたしません。
① お問い合せに適切に回答させていただくため
② 営業・販売促進のため

Ⅲ.個人情報の第三者提供又は目的外利用
当社にご提供いただいた個人情報は、あらかじめ本人の同意を得ないで、取得目的の達成に必要な範囲を超えて取り扱うこと又は第三者へ提供することはございません。
但し、以下の場合には本人の同意を得ないで提供・利用することがございます。
(1) 法令に基づく場合
(2) 人(法人を含む)の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
(4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

Ⅳ.個人情報の委託
当社は事業運営上、業務の全部又は一部の個人情報の処理を外部に委託することがあります。この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などにより個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

Ⅴ.個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除及びの利用の停止,消去又は第三者への提供の停止
当社が保有している個人情報については、ご本人又はその代理人に限り、利用目的の通知開示、訂正、追加または削除及び利用の停止,消去又は第三者への提供の停止を請求することができますので下記までお申し出下さい。その場合、個人情報の漏洩や情報の書き換え等を防止するため、本人確認が可能な書類・資料をご提示していただき、当社の定めた手順にて対応させていただきます。開示対象個人情報には、Ⅱ項の個人情報の利用目的に示したものが該当します。

Ⅵ.個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に生じる結果
当社が個人情報を取得する項目は、全て「ご本人の意思」によってご提供いただくものです。但し、必要な項目をいただけない場合、取得目的に記載の当社内における諸手続き又は処理に支障が生じる可能性があります。

Ⅶ. お客さまが容易に認識できない方法によって取得する情報について
 お申込みもウェブサイトの一部では、ウェブサイトをお客さまにより便利にご利用いただくために、クッキー(Cookie)*を利用しております。 お客さまは、ウェブブラウザの設定を変更することにより、クッキーの受け取りを拒否し、または、クッキーを受け取った場合に警告を表示させることができます。詳しくは、ご使用のブラウザの説明をご覧ください。しかし、クッキーの受け取りを拒否された場合には、ウェブサイトにて提供する「問い合わせ」サービスの全部または一部がご利用できなくなる場合もございますので、ご了承ください。
【用語説明】
クッキー(Cookie)*とは、ウェブサイトを管理するウェブサーバとお客さまのウェブブラウザとの間で相互にやりとりされる情報のことをいいます。クッキーは、お客さまのコンピュータのディスクにファイルとして格納されることがあります。 クッキーをご利用になりますと、ウェブサーバは特定のコンピュータがウェブサイト中のどのページを訪れたか等を記録することが可能となります。但し、お客さまがご自身の個人情報をウェブサイト上で入力されない限り、当社はお客さまを特定、識別することはできません。


ご請求及び苦情・相談受付窓口:個人情報保護管理責任者
       住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-24
       E-Mail:privacy@k-intl.co.jp
       電話番号:03-3267-0270

認定・受賞歴

Partner of the Year award
(2009)

Partner Recognition award winning
(2011)

SLS Capability & Knowledge award (2018年)