SAP導入企業様へ

当社は、日本で最初に認定された翻訳パートナーであり、アジア初のPartner of the Year award を取得しています。

SAP-related documents and Kawamura International

SAP AG is the market leader in enterprise applications, including ERP (Enterprise Resource Planning).Companies of the 365,000 who use the services and applications in countries around the world.Kawamura International is accredited as a Language Partner for the first time from the company in Asia, in 2009 we also won Partner of the Year award.Since been certified as a partner, it continues to be a certified partner of SAP AG between also about 10 years.

The translation of the SAP system in a document of require you to use their own know-how.Translated the text that is referred to as the UI (User Interface) and UA (User assistance) to be displayed in the SAP system, and then translated using the SAP own translation transaction "SE63".In addition, you must have access to terminology management system called Sterm in order to selectively use the terms that are used in the SAP system correctly.Kawamura International, from the era of the ERP system, which was called the R / 3 and ECC, up to the current SAP S / 4 HANA, owns the know-how and experience, which has been translated the UI more than tens of millions of lines .

Corresponding to a variety of documents

System UI / UA

To build SAP's proprietary translation environment, and the translation in the transaction that SE63.

Training Materials

And the translation of the training documents to be generated at the time of the introduction of the system and new applications.

Support document

While checking and system of the UI and the table name and the SAP Notes translation.

marketing

Broadly corresponds to the localization of the collateral and videos, such as case studies.

app4trans 

Support the UI translation of self-developed part from scoping to transfer to the system

By using the app4trans, and the special requirements of SAP Customer project, you can eliminate the gap that occurs between the SE63 translation standard environment.

No need to set
Without the need for complicated settings, you can immediately use.

The exact scoping
You can know the exact number of rows by specifying the number of iterations text generated inside.

Reduction of administrative tasks
You can translate without access to the system.

Reduction of cost
By utilizing the translation memory technology and reduce costs.

Quality Management
In cooperation with the state-of-the-art translation tools to manage efficiently the quality.

The translation project to a multilingual one-stop

Our company is a member of ASAP Globalizers maker of multilingual services that are configured with only partner that has received the certification from SAP.Not English ⇔ Japanese only, Chinese, Korean, system translation into major languages ​​in Europe, certified partners will support.It is also a service of the Company's unique to be able to provide such a partner network.

認定・受賞歴

Partner of the Year award
(2009)

Partner Recognition award winning
(2011)

SLS Capability & Knowledge award (2018年)


Contact

お問い合せに際して取得する個人情報に関する同意書

Ⅰ.事業者の名称及び個人情報保護に関する管理者
 株式会社 川村インターナショナル 個人情報保護管理責任者 

Ⅱ.個人情報の利用目的
当社の業務及び個人情報保護マネジメントシステムに関しますお問い合せに当たって取得しました個人情報は、以下の目的で利用し、それ以外の目的では利用いたしません。
① お問い合せに適切に回答させていただくため
② 営業・販売促進のため

Ⅲ.個人情報の第三者提供又は目的外利用
当社にご提供いただいた個人情報は、あらかじめ本人の同意を得ないで、取得目的の達成に必要な範囲を超えて取り扱うこと又は第三者へ提供することはございません。
但し、以下の場合には本人の同意を得ないで提供・利用することがございます。
(1) 法令に基づく場合
(2) 人(法人を含む)の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
(4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

Ⅳ.個人情報の委託
当社は事業運営上、業務の全部又は一部の個人情報の処理を外部に委託することがあります。この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などにより個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

Ⅴ.個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除及びの利用の停止,消去又は第三者への提供の停止
当社が保有している個人情報については、ご本人又はその代理人に限り、利用目的の通知開示、訂正、追加または削除及び利用の停止,消去又は第三者への提供の停止を請求することができますので下記までお申し出下さい。その場合、個人情報の漏洩や情報の書き換え等を防止するため、本人確認が可能な書類・資料をご提示していただき、当社の定めた手順にて対応させていただきます。開示対象個人情報には、Ⅱ項の個人情報の利用目的に示したものが該当します。

Ⅵ.個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に生じる結果
当社が個人情報を取得する項目は、全て「ご本人の意思」によってご提供いただくものです。但し、必要な項目をいただけない場合、取得目的に記載の当社内における諸手続き又は処理に支障が生じる可能性があります。

Ⅶ. お客さまが容易に認識できない方法によって取得する情報について
 お申込みもウェブサイトの一部では、ウェブサイトをお客さまにより便利にご利用いただくために、クッキー(Cookie)*を利用しております。 お客さまは、ウェブブラウザの設定を変更することにより、クッキーの受け取りを拒否し、または、クッキーを受け取った場合に警告を表示させることができます。詳しくは、ご使用のブラウザの説明をご覧ください。しかし、クッキーの受け取りを拒否された場合には、ウェブサイトにて提供する「問い合わせ」サービスの全部または一部がご利用できなくなる場合もございますので、ご了承ください。
【用語説明】
クッキー(Cookie)*とは、ウェブサイトを管理するウェブサーバとお客さまのウェブブラウザとの間で相互にやりとりされる情報のことをいいます。クッキーは、お客さまのコンピュータのディスクにファイルとして格納されることがあります。 クッキーをご利用になりますと、ウェブサーバは特定のコンピュータがウェブサイト中のどのページを訪れたか等を記録することが可能となります。但し、お客さまがご自身の個人情報をウェブサイト上で入力されない限り、当社はお客さまを特定、識別することはできません。


ご請求及び苦情・相談受付窓口:個人情報保護管理責任者
       住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-24
       E-Mail:privacy@k-intl.co.jp
       電話番号:03-3267-0270