みんなの自動翻訳@KI(個人版)
利用規約および個人情報保護方針

みんなの自動翻訳@KI(個人版)利用規約

みんなの自動翻訳@KI(個人版)をご利用頂きありがとうございます。

株式会社川村インターナショナル(以下、当社という)は、以下の利用規約(以下、「本規約」という)にご同意頂いた利用者に対して、当社が提供する自動翻訳サービス「みんなの自動翻訳@KI(個人版)」(以下、「本サービス」という)の利用を許諾します。

Article 1 (License)

本サービスは、利用者が本規約に同意する証としてライセンス購入サイトからお申し込みをいただき、当社がこれを受領することにより、当該お申し込みの内容に従って「本サービス」の利用を非独占的に許諾します。

2."Service" is, via the Internet from the user application program, and attach the license key and the original text in a predetermined procedure to our translation server sends the translation request, the data in the specified language It is a service that sends back the automatic translation data.

3."Service" is, by using the user code that the Company at the time of your application be issued to the user, it will be able to use the "Service" by access in a way that is specified by the Company.

Article 2 (change the contents of this service)

We are, without a separate agreement with the user, and shall be able to change the contents of the "Service".As well as disadvantages and damage to the user, such as due to the change has occurred, the Company does not assume the responsibility.

Article 3 (Change of Terms of Service)

We are, without the user and of the individual agreement. We may modify this Agreement by notifying the user or the like in a way that notice or our on the "Service" is determined to be appropriate.

Terms of later changes made by the preceding paragraph, unless the Company specifies otherwise, from the time it is displayed in the Web site, etc. operated by the Company, and shall become effective.

Article 4 (use fee)

利用者は、「本サービス」の利用料として、「本サービス」のライセンス購入ページに記載された「本サービス」利用期間分の料金を、「本サービス」利用開始前迄に、当社に対して、AmazonPayを介してクレジットカード決済にて一括で支払うものとします。ただし、支払い方法に関して利用者と当社との間で別途契約がある場合はその規定に従うものとします。

2.利用者は、契約期間以降も「本サービス」を継続利用する場合、前項の契約期間に基づいた使用料を当該契約終了日が到来する前迄に当社に対して、AmazonPayを介してクレジットカード決済にて一括で支払うものとします。ただし、利用者と当社との間で、別途契約がある場合はその規定に従うものとします。

3.We may revise the fee provisions of the "Service" without obtaining the prior consent of the user.

4.「本サービス」の利用に際して利用者が当社に支払った利用料は、当社が「本サービス」の提供を継続するかぎり返還しないものとします。

5.当社は、利用者が「本サービス」の利用料を何らかの理由で支払わなかった、あるいは滞納した場合、利用者への「本サービス」提供をいつ何時でも即時停止できるものとします。

Article 5 (restriction of rights)

利用者は、「本サービス」を第三者に利用させてはならず、また、「本サービス」を利用する権利を第三者に譲渡、貸与または販売してはならないものとします。「本サービス」のお試し利用は、Amazonアカウント(1アカウント)あたり原則一回までといたします。

Article 6 (use environment)

The user, communication equipment required in order to take advantage of the "Service", software, conclusion of the preparation and line utilization agreement of all of the equipment and other required in association with this, subscribe to Internet connection service, and other necessary the do not prepare for, and shall be carried out at their own expense and responsibility, we will not assume any responsibility.

Article 7 (specification change)

You shall the "Services" specifications for the hardware and software of our system needed to provide can be changed at any time.However, due to the specification change of the "Service", and notifies the user of the user of the "Service" effect of pre-specification changes in the case, such as it affects the use, required for the use of the "Service" It will provide the information to the user.

Article 8 (maintenance)

当社は、「本サービス」利用にあたって必要となる「本サービス」の技術情報を当社を通じて利用者に提供するとともに、「本サービス」の利用に関わる利用者からの問い合わせに対しても、当社を通じて無償で回答してサポートを行うものとします。

2.The Company and the case where failure occurs in the provision of the "Service", if the "Service" fault etc. in use has received a notification generated from the user, and shall endeavor to promptly investigate the cause and repair.

3.We are, for the user has been translated from the translation original and the original was sent to the "Service" translation, and transmits and receives the information via the SSL communication line, the information is, the period required for the "Service" without saving in the system beyond, it will not use the information for any purpose other than the "service".In addition, you can publish without permission the information of the user, also be shared to a third party, for functional improvement of machine translation engine, nor does it the information the Company to use.

Article 9 (discontinuation, interruption of service)

If the Company the following is true. We may suspend or discontinue the provision of the "Service".

(1) If there are unavoidable circumstances by the maintenance and construction, etc. of the Company's facilities

(2) natural disaster, incident, if the service provided is no longer carried out by a power failure and other force majeure

(3) If the telecommunications operators has stopped telecommunications services

(4) Others, if we determine the required interruption of temporary services

2.Us when to stop or suspend the "Service" is the reasons set forth in the preceding paragraph, except in the case of emergency, and shall notify the user in advance to that effect by the method specified by the company.

Article 10 (Disclaimer)

当社は、利用者が「本サービス」を利用して得た翻訳結果の正確性、確実性、有用性、「本サービス」における翻訳速度、当社が指定した動作環境以外での動作可能性も含め、「本サービス」に関していかなる保証も行わないものとします。

2.当社は、利用者が「本サービス」を利用することによって被った損害については一切責任を負わないものとし、また第9条に該当する場合を含め、「本サービス」の提供が遅延または中断、終了したことに起因して利用者が被った損害および損害発生についても、当社が予見し、または予見し得た場合においても一切責任を負わないものとします。

3.当社は、利用者が「本サービス」を利用して実施するサービスまたは行為に対して、第三者からのクレーム、または第三者が被った損害についても、故意または、重大な過失による場合を除き、一切保証を行わないものとします。

Article 11 (use restrictions)

利用者は、以下「本サービス」のライセンス購入ページに記載または、別途契約の際に定めた利用上限数を超えないものとします。

If it exceeds the upper limit of the automatic translation amount that can be processed one month shall the use of automatic translation in the same month of the user is stopped.In addition, there is that the upper limit is provided on the number of characters per sentence.

Article 12 (Confidentiality)

Company and the users, "Service" of the practice or on the other party of the techniques learned in connection with the use, the secret information on the sale on other business as long as there is no consent of the other party's prior written, to a third party It must not be disclosed or leakage, also be utilized in the practice or non-use purpose of the application of the "service" shall not.However, the Company and the users, for the case to disclose the secret information in writing to the other party, shall display a message indicating a secret on that document, also in the case disclosed to the other party the secret information in the verbal , its contents within 30 days after the disclosure by the oral and written of, will provide to the other party.

Article 13 (Prohibitions)

If the user falls under any of the provisions of the items below, the Company without prior notice, and shall be able to immediately stop the provision of the "Service".

(1) When the act to apply the false contents at the time of information input

(2) the act of interfering with the operation of the "Service", when the fear of acts that interfere in other "Services"

(3) e-mail address, in the case where the act of unauthorized use of the ID and password

(4) another user, a third party, or our rights, benefits, when the impaired honor such acts, or certain of these risk activities

(5) other users, third party, or the Company's trademark, copyright, privacy or other rights of the infringement, or cases where the acts of their fear

(6) act in violation of the act and other laws and regulations that are offensive to public order and morals, or cases where the acts of their fear

(7) If there is a default of payment obligations of charges, etc.

(8) registration information (address, phone number, e-mail) if the contact to could not

(9)利用者が、反社会的勢力(暴力団、暴力団構成員、過去に暴力団構成員であった者、その他これに関連または準ずる者をいう。以下同じ。)と認められる場合、反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる場合、反社会的勢力を利用したと認められる場合、反社会的勢力に対して資金等を提供し若しくは便宜を供与するなどの関与が認められる場合、自らまたは第三者を利用して不当な要求行為、脅迫行為若しくは暴力行為又はこれに準ずる行為を行った場合。

(10)その他利用者として不適切と当社が判断した場合

By that we ceased to offer the "Service" in accordance with the preceding paragraph, the user will not be able to use the "Service", this also as damage to the user or a third party occurs, we all and it shall not be liable.

Article 14 (management responsibility of the ID and password)

The user, the Company is granted to the user after the application procedure, you must be properly managed for the ID and password.

2 user, share the ID and password with a third party, it will not be able to lend or transferred to a third party.

3 user, if there is a forgetting of the ID and password, you must follow our prescribed procedures.

4 users, in the case where if there is a theft of the ID and password or ID and password has been found to have been used to a third party, together with immediately contact to that effect to the Company, is an instruction from the Company in some cases it will be subject to this.

Article 15 (Governing Law)

Establishment of this Agreement, efficacy, with respect to implementation and interpretation, we assume that Japanese law is applied.

Article 16 (Jurisdiction)

In connection with the "Service", in case the need for litigation or arbitration occurs between the user and the Company, and the exclusive jurisdiction of the Tokyo District Court.

Article 17 (residual clause)

Even if the "Service" use of the user has canceled or terminated, Article 2, Article 5, Article 10, Article 12, and shall not lose its potency.

Article 18 (consultation)

If there is a doubt about the about the set of matters not to the "Terms" on the user's consultation, and shall correspond to the resolution in good faith.

平成30年8月1日制定
令和元年8月23日改訂

株式会社川村インターナショナル


Privacy Policy

株式会社 川村インターナショナルは(以下、当社)、当社の行う翻訳及び関連業務を通じて、お客様の業務遂行のご支援を行い、社会に貢献することを企業使命としています。このことから、当社では業務遂行上で得られる情報資産の価値を尊重し、適切に管理することが企業活動の重要な責務であるとの認識のもと、情報管理体制の確立とその徹底に努めてきました。このような経緯を踏まえ、当社は個人情報保護について規則の制定及び管理体制の確立を図ると共に個人情報保護に関する方針を以下の通り定め、全役員、全従業員に周知し「個人情報」の適切な保護に努めます。

1.当社の事業運営上で取扱う個人情報について、その内容及び規模を十分考慮し、適切な個人情報の取得・利用及び提供を行い、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いは行いません。また、そのために必要な措置を講じます。

2.個人情報を保護するため、当該情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、および漏洩等を予防並びに是正措置を講じます。

3.個人情報の処理を当社の協力会社に委託する場合は、選定基準に則り、十分な個人情報の保護水準を満たしている協力会社を選定します。

4.当社は、個人情報の取扱いに関する苦情・相談への迅速な対応を行います。

5.個人情報保護に関する個人情報保護マネジメントシステムを運用するにあたって、個人情報に関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守いたします。

6.個人情報の取扱いと個人情報保護マネジメントシステムを、社会情勢環境等の変化を考慮しながら、継続的に見直し、改善を行います。

制定日 平成24年11月01日
改定日 平成30年06月01日

株式会社 川村インターナショナル
代表取締役 川村 みどり

<苦情・相談及び問い合わせ窓口>
電話:03-3267-0270
 e-mail: privacy@k-intl.co.jp

 

個人情報の取扱いについて

 

I. 個人情報の利用目的
  当社が取得する個人情報とその利用目的は以下の通りです。

1.お問合わせに際していただく個人情報
(1)お客様への連絡のため
(2)お客様の問合せに的確に回答を差し上げるため
(3)営業・販売促進のため

2.取引先ご担当者様からいただくご本人の個人情報
(1)国内外のお取引先様に対する業務上・取引上の連絡・対応及び管理のため
(2)営業・販売促進のため

3.個人の取引先様からいただくご本人の個人情報
 (1)国内外のお取引先様に対する業務上・取引上の連絡・対応及び管理のため
(2)営業・販売促進のため

4.従業員採用および取引先選定に際し応募書類に記入いただく個人情報
 (1)採用選考等の連絡のため
(2)採用選考実施のため

5.その他従業員から取得する個人情報
 (1)従業員の各種手続きと管理のため
II. 個人情報の第三者提供又は目的外利用

 当社にご提供いただいた個人情報は、あらかじめ本人の同意を得ないで、利用目的の達成に必要な範囲を超えて取り扱うこと又は第三者へ提供することはございません。

 但し、以下の場合には本人の同意を得ないで提供・利用することがございます。

1.法令に基づく場合
2.人(法人を含む)の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
3.公衆衛生の向上又は児童の健全な育成推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
4.国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

III. 個人情報の委託

 当社は事業運営上、業務の全部又は一部の個人情報の処理を外部に委託することがあります。この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を 選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などにより個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

IV. 個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に生じる結果

 当社が個人情報を収集する項目は、全て「ご本人の意思」によってご提供いただくものです。但し、必要な項目をいただけない場合、Ⅰ項の個人情報の利用目的に記載の当社内における諸手続き又は処理に支障が生じる可能性があります。

V. 個人情報の開示、訂正、追加または削除及び利用の停止,消去又は第三者への提供の停止

 当社が保有している個人情報については、ご本人又はその代理人に限り、開示、訂正、追加または削除及び利用の停止,消去又は第三者への提供の停止を請求す ることができますので下記までお申し出下さい。その場合、個人情報の漏洩や情報の書き換え等を防止するため、本人確認が可能な書類をご提示していただき、 当社の定めた手順にて対応させていただきます。開示対象個人情報はⅠ項の個人情報の利用目的の1(B to B等で本人から直接取得していない個人情報は除きます)から5に示したものが該当します。

□ 個人情報の利用目的の通知あるいは開示等の請求先及びご請求方法

 下記に示す請求先へご連絡いただければ「個人情報利用目的の通知・開示請求書」の様式と記入要領、提出が必要な本人確認書類等を記載した文書を一緒に送付 させていただきますので、必要事項のご記入と当該書類を同封してご郵送ください。(送付は下記の開示等の請求先にお願いします) ※郵送料はお客様のご負担にてお願いします。

尚、次に定める場合は開示等のご請求に応じることができない場合がございますので、あらかじめご了承ください。なお、その場合は、その旨、理由を付記してご通知いたします。

・利用目的を本人に通知し、又は公表することによって本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
・利用目的を本人に通知し、又は公表することによって当該事業者の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
・国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知し、又は公表することによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
・当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
・所定の書類等に不備があり、不備の訂正をお願いしても訂正がされない場合
・ご本人からの請求であることが確認できない場合

Ⅵ. お客さまが容易に認識できない方法によって取得する情報について

お申込みのウェブサイトの一部では、ウェブサイトをより便利にお使いいただくために、クッキー(Cookie)*を利用しております。 お客さまは、ウェブブラウザの設定を変更することにより、クッキーの受け取りを拒否し、または、クッキーを受け取った場合に警告を表示させることができます。詳しくは、ご使用のブラウザの説明をご覧ください。しかし、クッキーの受け取りを拒否された場合には、ウェブサイトにて提供するサービスの全部または一部がご利用できなくなる場合もございますので、ご了承ください。
【用語説明】
クッキー(Cookie)*とは、ウェブサイトを管理するウェブサーバとお客さまのウェブブラウザとの間で相互にやりとりされる情報のことをいいます。クッキーは、お客さまのコンピュータのディスクにファイルとして格納されることがあります。 クッキーをご利用になりますと、ウェブサーバは特定のコンピュータがウェブサイト中のどのページを訪れたか等を記録することが可能となります。但し、お客さまがご自身の個人情報をウェブサイト上で入力されない限り、当社ではお客さまを特定、識別することはできません。

制定日 平成24年11月01日
改定日 平成30年06月01日
 

<開示等の請求先及び苦情・相談受付窓口>
株式会社 川村インターナショナル 個人情報ご請求窓口
〒162-0825東京都新宿区神楽坂6-42
電話:03-3267-0270
e-mail: privacy@k-intl.co.jp