翻訳・機械翻訳・ポストエディットなど翻訳に関連する情報を発信
catch-img

【医療翻訳に役立つ基礎知識】No.18 | 呼吸器疾患の主訴(Respiratory System)Vol.1

Dyspnea (Dyspnea), shortness of breath (Shortness of Breath (SOB))

The main symptoms of respiratory diseases, although for dyspnea mentioned earlier, this will be described in more detail.

1) etiology (Etiology):Disease that causes breathing difficulty

Respiratory disease:Example chronic obstructive pulmonary disease (COPD, emphysema and chronic bronchitis), pulmonary fibrosis, etc.

Cardiovascular disease:Examples heart failure, pulmonary edema, pulmonary thromboembolism, pulmonary hypertension, etc.

Neuromuscular disease:Examples amyotrophic lateral sclerosis (Amyotrophic lateral sclerosis ALS), etc.

Blood disorders:Example anemia (Anemia)

Others:Examples panic syndrome, etc.

Dyspnea cause disease, but should be applicable to any of these five items, in practice, there may be multiple factors are involved, there is often not possible simply clearly identify the etiology.

2) breathing difficulty of differential diagnosis (Differential Diagnosis)

Respiratory disease

If severe, listed although dyspnea in all respiratory disease is 必発, the main ones below.

気管支喘息(Bronchial Asthma)
小児喘息の多くは、成長と共に改善するが、初発が中高年になってからの喘息は、難治性喘息(intractable asthma)に移行することがある。気管支喘息は、気道過敏性(なんらかの刺激により、気管支平滑筋が攣縮しやすくなる状態)が主病態であるが、その原因は気道壁の炎症(inflammation)とされている。

慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease: COPD)
COPDは、肺気腫(Emphysema)と慢性気管支炎(Chronic Bronchitis)のいずれかであるが、ほぼ全例が喫煙者である。中高年の男性に多いが、女性喫煙者が増えたことにより、最近は女性のCOPD症例も増加しつつある。 肺気腫と慢性気管支炎は、一方があれば、他方がないということはなく、いずれの要素が多いかが問題で、ほとんどのCOPD症例で、両者は混在している。 気管支喘息は、非発作時には喘鳴は消失し、ほぼ正常状態に戻る(=可逆性:reversible)のに対し、COPDでは、細気管支(bronchiole, small airway)や肺胞壁(alveolar wall)が破壊され、気腫化が進み、病変は非可逆性(=irreversible)である。ただし、COPDでも、気管支喘息の要素が混在していることもあり、そのような症例では、喘息の治療によって呼吸困難が改善することはある。 慢性気管支炎では、低酸素血症(Hypoxemia)があっても、息苦しさはあまり訴えない。しかし、肺気腫では、顔色はピンクで、酸素飽和度はほぼ正常であるにもかかわらず、強い息切れを訴える。低酸素血症によるチアノーゼと、浮腫様顔貌を伴う慢性気管支炎はBlue Bloater、顔色はピンクでも、息切れがひどい肺気腫はPink Pufferと呼ぶことがある。

間質性肺炎(Interstitial Pneumonitis)
原因不明の特発性間質性肺炎(Idiopathic Interstitial Pneumonitis, IIP)は昔から有名で、例えば、美空ひばりは、52歳の若さでIIPにより亡くなった。

肺結核後遺症
昭和30~40年頃まで、化学療法がまだない頃の肺結核の治療は、胸郭形成、肺区域切除、などの外科的治療が主体であった。命は助かっても、これらの手術を受けた症例の多くは、年を取ると、肺、胸郭が動きにくくなり、呼吸不全(Respiratory Failure)に移行した。在宅酸素療法(Home Oxygen Therapy, HOT)を受けているひとは、現在はCOPDが最も多いが、平成以前は、肺結核後遺症が大勢を占めた。

Cardiovascular diseases

心不全(Heart Failure)、肺水腫(Pulmonary Edema)
左心室の拍出力低下により、肺に血液が溜まり、うっ血状態となる。肺水腫による呼吸困難では、仰向けに寝ると息が苦しくなるため、患者さんは起坐呼吸(Orthopnea)となることが多い。 肺水腫でも、喘鳴が顕著となり、気管支喘息との鑑別がむずかしいことがある(=心臓喘息(Cardiac Asthma))。現病歴だけで、ほぼ診断はつくが、最終的には心電図、胸部X線など診断の決め手となる。 高地肺水腫(High Altitude Pulmonary Edema, HAPE)は、2000m程度の登山でも起きることがあり、生命にもかかわることがあるので、HAPEについては素人登山者でも知っておく必要がある。おかしいと思ったら、直ちに下山するのが正しい判断である。

肺血栓塞栓症(Pulmonary Embolism)
末梢静脈に生じた血栓が剥離し、右心房、右心室を経て肺循環に入り、肺動脈を閉塞することがある。長時間、動かずに座った状態が続くと下肢に血栓が生じ、肺塞栓症を起こすことがある(エコノミークラス症候群 Economy Class Syndrome)。日本人よりは欧米人で生じやすいが、日本人でも腹部手術後に肺塞栓症を併発し、急死した横綱がいる。

Neuromuscular disease

Amyotrophic lateral sclerosis (ALS):One of the intractable neurological diseases

Infantile paralysis (Polio):With the spread of the polio vaccine, it may be thought that there is no in Japan.

脊髄損傷(Spinal Cord Injury) :頸髄損傷(例:交通事故、スポーツ災害)
頸髄損傷により呼吸筋麻痺が生じ、自発呼吸が不能となることがある。

関連記事

Masashi Mori

Masashi Mori

Towa hospital honor director.The University of Tokyo School of Medicine, Department of Medicine graduation.US University of Minnesota study (Fulbright scholarship) Minneapolis Mount Sinai Hospital work.After returning home, the University of Tokyo second medical assistant, University of Tokyo Hospital central laboratory lecturer, held a Mitsui Memorial Hospital Respiratory Center Hospital Director, appointed to the National Hospital Organization Tokyo hospital honor director in 2003.Then chemotherapy Institute Hospital director, is now through the Towa hospital director Towa hospital honor director.

機械翻訳をいかに活用するか(ホワイトペーパー)

本資料は、機械翻訳(MT)導入を比較ご検討の際思い浮かべる疑問を解消し、活用のニーズ、「ポストエディット」「用語集」などのキーワードについても解説いたします。(全62ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

第一章   はじめに
第二章   機械翻訳(MT)活用のニーズ
第三章   機械翻訳(MT)と(HT)の違い
第四章   機械翻訳と関連技術
第五章   MT導入時に知っておくべき6つのポイント
最後に

など

Document requests from competitors or freelance translators may be subject to denial. We appreciate your understanding.

この記事がお役に立ったらシェアをお願いします!


Popular article Index

tag

archive