機械翻訳導入セミナ―

2019/9/12 機械翻訳導入セミナ―

 開催日時

2019年9月12日(木)

scheduled time

開場・受付開始12:45

第一部 13:15-14:15

第二部 14:30ー15:30


※第一部、第二部いずれかのみの参加でも可能です。

Host

Kawamura International Co., Ltd.

Fee Free
Venue

株式会社川村インターナショナル 本社会議室

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル6階
電話: 03-3267-0270 (代表)

 

<Access>

東京メトロ東西線神楽坂駅、1番出口から1分
都営地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅、A3出口から4分
東京メトロ南北線、有楽町線飯田橋駅、B3出口から11分
JR飯田橋駅から12分

Capacity 10名
Subjects 機械翻訳の導入を検討している企業内担当者様

セミナー概要
第一部 

 

<初期検討者向け> 

「MTエンジンを選択する際に検討すべき6つのポイント

 

 

対象者
 

「機械翻訳を導入したい!」と考え、情報収集を開始した企業内担当者様
 

概要
 

機械翻訳を検討中の方に、意外に知られていない選定時の重要なポイントをご説明します。各種機械翻訳エンジンを導入支援している当社だからできるスペック比較を含めて、自社の要件に合わせた機械翻訳エンジンを選定する有用な情報を提供することを目的としています。 

  • 機械翻訳を活用すべき理由
  • 機械翻訳と自動翻訳について
  • 機械翻訳選定時に考慮するべき6つのポイント
  • 今後の注目ポイント
    - カスタマイゼーションとは
    - MLと知的財産法改定

品質・情報セキュリティ・費用など、機械翻訳エンジンの選定時に考慮すべき重要なポイントを説明します。

 

Teachers

Lecturer Moriguchi Kozo (Kawamura International Co., Ltd.)

profile

 

株式会社川村インターナショナル常務取締役。機械翻訳の活用と、翻訳関連トピックの国際標準化を活動の中心に置いている。日本翻訳連盟理事。アジア太平洋機械翻訳協会理事。
 

第二部 
 

<比較検討中の方向け> 


「機械翻訳ソリューションの紹介+導入事例」

対象者
 

機械翻訳導入を検討している企業内担当者様


概要

 

当社で取り扱っている機械翻訳エンジンの特徴を説明し、強み・弱みを交えて情報提供いたします。

 

①   「Translation Designer」


Google/Microsoft/みんなの自動翻訳@KI(商用版)を選択可能なシンプルな機械翻訳エンジン。英語があまり得意でない、あるいは多言語翻訳の内容把握が必要な方向けのシンプル+αのソリューションを他社の導入事例を交えてご紹介します。

 

②   「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した「みんなの自動翻訳@Textra」の商用版。高い情報セキュリティ性、高品質、多彩な利用方法、「翻訳バンク」を利用したカスタマイズオプションなどについて導入事例を交えて説明します。

 

③   「Globalese 3.5」

オンプレ導入可能な元祖ドメインアダプテーション機械翻訳エンジンの紹介。DeepL/Googleを抑えてまで、欧州の翻訳プロフェッショナルに受け入れられる理由と3.5から実装された新機能について説明します。

 

④   その他の機械翻訳エンジン


講師紹介

 

Tsutomu Izawa

講師名  伊澤力(株式会社川村インターナショナル)

プロフィール
 

2004年株式会社川村インターナショナル入社後、日英翻訳プロジェクトおよびドキュメントエンジニアリング業務に携わる。2012年より営業部に異動し、国内営業、海外アカウントマネジメント業務に従事し、2017年からは新設された「MT&ソリューション」のアカウントマネジメントの中心的役割を担い、顧客への機械翻訳・ポストエディット導入を支援している。

 

 
Other

※第一部、第二部いずれかのみの参加でも可能です。 

Customers already having the dealings and the Company is, if you can contact your sales representative, it is also possible to ensure your seat.Please feel free to contact us.

 

※法人企業様向けのセミナーになります。競合他社様および個人の方のご参加はお断りさせていただいております。あらかじめご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

English version follows:

個人情報保護方針

株式会社 川村インターナショナルは(以下、当社)、当社の行う翻訳及び関連業務を通じて、お客様の業務遂行のご支援を行い、社会に貢献することを企業使命としています。このことから、当社では業務遂行上で得られる情報資産の価値を尊重し、適切に管理することが企業活動の重要な責務であるとの認識のもと、情報管理体制の確立とその徹底に努めてきました。このような経緯を踏まえ、当社は個人情報保護について規則の制定及び管理体制の確立を図ると共に個人情報保護に関する方針を以下の通り定め、全役員、全従業員に周知し「個人情報」の適切な保護に努めます。

1.当社の事業運営上で取扱う個人情報について、その内容及び規模を十分考慮し、適切な個人情報の取得・利用及び提供を行い、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いは行いません。また、そのために必要な措置を講じます。

2.個人情報を保護するため、当該情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、および漏洩等を予防並びに是正措置を講じます。

3.個人情報の処理を当社の協力会社に委託する場合は、選定基準に則り、十分な個人情報の保護水準を満たしている協力会社を選定します。

4.当社は、個人情報の取扱いに関する苦情・相談への迅速な対応を行います。

5.個人情報保護に関する個人情報保護マネジメントシステムを運用するにあたって、個人情報に関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守いたします。

6.個人情報の取扱いと個人情報保護マネジメントシステムを、社会情勢環境等の変化を考慮しながら、継続的に見直し、改善を行います。

制定日 平成24年11月01日
改定日 平成30年06月01日

株式会社 川村インターナショナル
代表取締役 川村 みどり

<苦情・相談及び問い合わせ窓口>
電話:03-3267-0270
e-mail: privacy@k-intl.co.jp

個人情報の取扱いについて
I. 個人情報の利用目的
当社が取得する個人情報とその利用目的は以下の通りです。

1.お問合わせに際していただく個人情報
(1)お客様への連絡のため
(2)お客様の問合せに的確に回答を差し上げるため
(3)営業・販売促進のため

2.取引先ご担当者様からいただくご本人の個人情報
(1)国内外のお取引先様に対する業務上・取引上の連絡・対応及び管理のため
(2)営業・販売促進のため

3.個人の取引先様からいただくご本人の個人情報
(1)国内外のお取引先様に対する業務上・取引上の連絡・対応及び管理のため
(2)営業・販売促進のため

4.従業員採用および取引先選定に際し応募書類に記入いただく個人情報
(1)採用選考等の連絡のため
(2)採用選考実施のため

5.その他従業員から取得する個人情報
(1)従業員の各種手続きと管理のため

II.個人情報の第三者提供又は目的外利用
当社にご提供いただいた個人情報は、あらかじめ本人の同意を得ないで、利用目的の達成に必要な範囲を超えて取り扱うこと又は第三者へ提供することはございません。

但し、以下の場合には本人の同意を得ないで提供・利用することがございます。

1.法令に基づく場合
2.人(法人を含む)の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
3.公衆衛生の向上又は児童の健全な育成推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合

4.国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

III. 個人情報の委託
当社は事業運営上、業務の全部又は一部の個人情報の処理を外部に委託することがあります。この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を 選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などにより個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

IV. 個人情報を与えることの任意性及び当該情報を与えなかった場合に生じる結果
当社が個人情報を収集する項目は、全て「ご本人の意思」によってご提供いただくものです。但し、必要な項目をいただけない場合、Ⅰ項の個人情報の利用目的に記載の当社内における諸手続き又は処理に支障が生じる可能性があります。

V. 個人情報の開示、訂正、追加または削除及び利用の停止,消去又は第三者への提供の停止
当社が保有している個人情報については、ご本人又はその代理人に限り、開示、訂正、追加または削除及び利用の停止,消去又は第三者への提供の停止を請求することができますので下記までお申し出下さい。その場合、個人情報の漏洩や情報の書き換え等を防止するため、本人確認が可能な書類をご提示していただき、 当社の定めた手順にて対応させていただきます。開示対象個人情報はⅠ項の個人情報の利用目的の1(B to B等で本人から直接取得していない個人情報は除きます)から5に示したものが該当します。

□ 個人情報の利用目的の通知あるいは開示等の請求先及びご請求方法

下記に示す請求先へご連絡いただければ「個人情報利用目的の通知・開示請求書」の様式と記入要領、提出が必要な本人確認書類等を記載した文書を一緒に送付 させていただきますので、必要事項のご記入と当該書類を同封してご郵送ください。(送付は下記の開示等の請求先にお願いします) ※郵送料はお客様のご負担にてお願いします。

尚、次に定める場合は開示等のご請求に応じることができない場合がございますので、あらかじめご了承ください。なお、その場合は、その旨、理由を付記してご通知いたします。

・利用目的を本人に通知し、又は公表することによって本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
・利用目的を本人に通知し、又は公表することによって当該事業者の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
・国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的を本人に通知し、又は公表することによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
・当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
・所定の書類等に不備があり、不備の訂正をお願いしても訂正がされない場合
・ご本人からの請求であることが確認できない場合

Ⅵ. お客さまが容易に認識できない方法によって取得する情報について
お申込みのウェブサイトの一部では、ウェブサイトをより便利にお使いいただくために、クッキー(Cookie)*を利用しております。 お客さまは、ウェブブラウザの設定を変更することにより、クッキーの受け取りを拒否し、または、クッキーを受け取った場合に警告を表示させることができます。詳しくは、ご使用のブラウザの説明をご覧ください。しかし、クッキーの受け取りを拒否された場合には、ウェブサイトにて提供するサービスの全部または一部がご利用できなくなる場合もございますので、ご了承ください。

【用語説明】
クッキー(Cookie)*とは、ウェブサイトを管理するウェブサーバとお客さまのウェブブラウザとの間で相互にやりとりされる情報のことをいいます。クッキーは、お客さまのコンピュータのディスクにファイルとして格納されることがあります。 クッキーをご利用になりますと、ウェブサーバは特定のコンピュータがウェブサイト中のどのページを訪れたか等を記録することが可能となります。但し、お客さまがご自身の個人情報をウェブサイト上で入力されない限り、当社ではお客さまを特定、識別することはできません。

制定日 平成24年11月01日
改定日 平成30年06月01日


<開示等の請求先及び苦情・相談受付窓口>
株式会社 川村インターナショナル 個人情報ご請求窓口
〒162-0825東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル6階
電話:03-3267-0270
e-mail: privacy@k-intl.co.jp
-----------------------------
Personal Information Protection Policy
Kawamura International Co., Ltd. (hereinafter “KI”) aims to contribute to society by providing support for its customers’ business activities through translation and related services. KI recognizes the value of the information assets it obtains in the course of its business and fully understands that managing such assets in an appropriate fashion is an important business responsibility, and as such has strived to put in place an information management system to manage these assets. As well as enacting rules for the protection of personal information and establishing a system for managing it, KI has also defined a personal information protection policy as detailed below and ensures both its directors and employees understand this policy and work to ensure personal information is suitably protected.

1. KI shall give full consideration to the content and extent of the personal information it handles in its business activities, and shall ensure its acquisition, use, and provision of such information is appropriate. KI shall not acquire or use personal information beyond the extent of that required to achieve specific business aims, and shall implement the measures necessary to ensure this policy is adhered to.

2. In order to protect personal information, KI shall take preventive measures concerning unauthorized access to, loss of, damage to, tampering with, and leakage of such information, as well as remedial measures should they be necessary.

3. When subcontracting the processing of personal information to a partner company, KI shall follow its selection standards and ensure that the partner company is capable of sufficiently protecting personal information.

4. KI shall deal promptly with complaints and questions regarding its handling of personal information.

5. KI shall respect and follow all laws and guidelines set by the government of Japan, as well as other standards, concerning the protection of personal information in its implementation of systems for the protection and management of personal information.

6. KI shall constantly review and improve its handling of personal information and its systems for protecting and managing such information in light of societal and environmental changes and other such factors.

Created: November 1, 2012
Revised: June 1, 2018

Kawamura International Co., Ltd.
Midori Kawamura, President

<Contact details for complaints and questions>
Tel: 03-3267-0270
E-mail: privacy@k-intl.co.jp

Handling of personal information
I. Usage of personal information
The personal information acquired by KI and the way in which it is used is as follows.

1. Personal information submitted as part of an inquiry
(1) To contact the customer
(2) To provide an accurate response to the inquiry
(3) For sales purposes

2. Personal information from representatives at companies with whom KI does business
(1) To contact such representatives at domestic/overseas companies for business and management purposes
(2) For sales purposes

3. Personal information from individuals with whom KI does business
(1) To contact such representatives at domestic/overseas companies for business and management purposes
(2) For sales purposes

4. Personal information submitted as part of applications during recruitment and partner selection activities
(1) For communication regarding recruitment
(2) To carry out the recruitment process

5. Other personal information obtained from staff members
(1) To carry out various procedures concerning staff members
II. Provision of personal information to third parties and use of such information for purposes other than those stated

KI shall never use personal information that it acquires beyond the scope of the stated purposes or provide such information to third parties without the prior consent of the individual in question.

However, in the following circumstances, personal information may be provided to other parties and used without the consent of the individual.

1. When there is a legal mandate
2. In cases where it is necessary in order to protect the life, physical integrity, or property of a person (including corporations), and the consent of the individual cannot be obtained
3. In cases where it is especially necessary in order to improve public health or ensure the healthy development of children, and the consent of the individual cannot be obtained
4. In cases where it is necessary to cooperate with legally mandated work performed by national institutions, local public bodies, or parties to whom such work has been subcontracted, and where obtaining the consent of the individual will cause hindrance to the performance of such work

III. Processing of personal information by third parties

In the course of business, KI may subcontract some or all of its work and the processing of relevant personal information to a third party. In such cases, KI shall select a third party that is recognized as being able to handle personal information appropriately, and shall have the third party sign a contract or other such agreement that sets forth the requisite matters for the prevention of leakage of personal information, including the appropriate management of information and the maintenance of confidentiality, and ensure the third party implements management in a suitable manner.

IV. Voluntary provision of personal information and what happens when information is not provided

All personal information collected by KI is provided on a voluntary basis by the relevant individual. However, if a required item of information is not provided, this may cause hindrance to KI’s internal procedures and processing for usage of the personal information as described in I.

V. Disclosure, modification, addition, and deletion of personal information, and halt of use and erasure of such information, and halt of provision to third parties

An individual to whom personal information held by KI belongs or a representative of the relevant individual may request the disclosure, modification, addition, or deletion of personal information, and the halt of use, erasure, and halt of provision to third parties of such information. If you wish to make such a request, please use the contact details below. To prevent leakage, alteration, or other such problems in terms of personal information from arising in such cases, KI shall deal with the request through the company’s own procedures having first received proof of the individual in question’s identity. Personal information subject to disclosure shall be that outlined in points 1 (excluding personal information not received directly from an individual, in cases such as business-to-business dealings) through 5 in I. Usage of personal information above.

Contact details for requesting notification of purpose of use, disclosure, or other matters concerning personal information, and how to make a request

Please use the contact details below to make such a request. After receiving a request, KI shall send by post a Notification/Disclosure of Purpose of Use of Personal Information form along with a guide to filling it in and a document detailing the documentation that must be submitted for identity confirmation. Please fill in the necessary information, enclose the necessary documentation, and return it to KI by post. (Please use the address below when sending your request for disclosure) *We kindly request that the customer bear the cost of postage.

Please be aware that in the cases described below, it may not be possible to comply with a request for disclosure, etc. In such cases, KI shall provide written notification of the reason.

• Cases where notification of the purpose of use to the relevant individual or publicly disclosing such information may endanger the life, physical integrity, or property of the individual in question or a third party, or adversely affect other interests and profits
• Cases where notification of the purpose of use to the relevant individual or publicly disclosing such information may endanger the interests or legitimate profits of concerned parties
• Cases where it is necessary to cooperate with legally mandated work performed by national institutions or local public bodies and where notification of the purpose of use to the relevant individual or publicly disclosing such information may cause hindrance to the performance of such work
• Cases where a significant hindrance may be caused to the legitimate work of KI
• Cases where there are omissions in documentation submitted, and where this is not corrected in response to a request to do so
• Cases where it is not possible to confirm that the request came from the individual in question

VI. Acquisition of personal information in a way that is not immediately perceptible to the customer

Some parts of the application website use cookies to make the website more convenient. Customers can change the settings of their web browser to reject cookies or receive a notification when a cookie is received. Please see the instructions for your browser for more details. However, please understand that if cookies are rejected then some or all of the services provided by the website may become unavailable for use.
Explanation of terminology
“Cookie” refers to information that is exchanged between a web server that manages a website and your web browser. Cookies are sometimes stored as files on the hard drive of your computer. Using cookies enables web servers to keep records of information such as which pages a specific computer has visited on a website. However, KI is unable to identify specific customers as long as you do not enter any personal information on KI’s website.

Created: November 1, 2012
Revised: June 1, 2018


<Contact details for information disclosure requests/complaints and questions>
Kawamura International Co., Ltd. Personal Information Requests
Kagurazaka Kitagawa Building 6F, 6-42, Kagurazaka, Shinjuku-ku, Tokyo, 162-0825
Tel: 03-3267-0270
E-mail: privacy@k-intl.co.jp

みんなの自動翻訳@KI サービス紹介資料

翻訳バンクを活用した国産ニューラル機械翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@KI」ファミリー(商用版/個人版/カスタム版)の概要資料です。

(全26ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

Topic1 商用版のサービス概要
Topic2 みんなが納得 3つの特長
Topic3 みんなの悩み 解決します
Topic4 価格表(SaaS/オンプレ)
Topic5 カスタム版のサービス概要
Topic6 個人版のサービス概要

など

Document requests from competitors or freelance translators may be subject to denial. We appreciate your understanding.

納得!機械翻訳の利用形態を徹底解説!

どのように機械翻訳を使用するか、使用頻度、規模・予算はどのくらいか、などニーズによって好ましい機械翻訳が変わってきますので、それぞれの特徴をつかみつつ、検討するうえで重要なポイントをご紹介します。

【特別対談】機械翻訳の現状と展望は?⑦これから注目すべき「分野」

半期に1回の特別対談企画⑦ 開発研究がすすめられるASEAN言語の次世代型機械翻訳エンジンは、どの分野に焦点を当てていくのでしょうか。その答えは「医療」。理由に迫ります。

【特別対談】機械翻訳の現状と展望は?⑥ASEAN言語と機械翻訳

半期に1回の特別対談企画⑥ 機械翻訳エンジンの開発には欠かせない「コーパス」の収集。ASEAN諸国の言語では、経済格差(発展差)の存在により、コーパスの収集が難航している側面がありました。

【特別対談】機械翻訳の現状と展望は?⑤これからのMTは「ハイブリッド型」

半期に1回の特別対談企画⑤ 従来のルールベースや統計ベース、AIを活用したニューラルネットワークなど、機械翻訳にも様々な種類がありますが、今後注目すべき「ハイブリッド型」機械翻訳エンジンについて伺ってみました。

【特別対談】機械翻訳の現状と展望は?④ちょっと一息、タイの小話

半期に1回の特別対談企画④ 東南アジアにおける機械翻訳をめぐる専門的なお話の合間に、バンコクの交通機関事情や、新国王の即位など、タイの小話を伺ってみました。