個人ユーザーに特化した「みんなの自動翻訳@KI(個人版)」の提供を開始

2018年9月4日

 

〜国産ニューラル自動翻訳の活用で翻訳生産性向上を促進〜

株式会社川村インターナショナル(本社:東京都新宿区、代表取締役:川村みどり)は、「翻訳バンク」を活用した国産ニューラル自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@KI(個人版)」を2018年9月4日(火)より提供開始いたします。

【URL】https://www.k-intl.co.jp/minna-mt_personal

■みんなの自動翻訳@KI(個人版)の特徴

1.「翻訳バンク」の枠組みで商用化した国産ニューラル自動翻訳エンジンを個人ユーザーにも提供

2.Day ⇔ English, during the day ⇔, day ⇔ corresponding to the combination of Korea

3.汎用モデル、特許特化モデルの2種類のエンジンをご用意

4.特許請求項に特化したエンジンもオプションで利用可能

5.Word/Excel/PowerPoint/Outlookのプラグインのほか、各種翻訳支援ツールからの利用が可能 

■ provide the background

国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) の自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@TexTra®」は、特許・マニュアルなどの長文翻訳を得意とし、特許庁などと研究の連携も行ってきた高精度の自動翻訳エンジンです。

 

川村インターナショナルは、用途が非商用利用に限定されている「みんなの自動翻訳@TexTra®」を民間企業でも活用できるようにするため、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)から技術移転を受け、「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」として2018年5月に提供を開始しました。本サービスにより、翻訳者などの個人ユーザーも商用利用ができるようになります。

 

 

■ How to use and use scene

通常、ニューラル自動翻訳エンジンを運用するには、GPUなどのIT投資が必要となります。「みんなの自動翻訳@KI(個人版)」は、SaaSモデルでの提供が標準になりますので、初期投資は不要です。また、個人ユーザーでも利用ができることを目的としているため、一部の機能(エンジンの種類、対応言語の数、月額利用料)を制限することで低価格で利用することができるようになりました。

一方で、翻訳支援ツールと呼ばれるソフトウェアの活用やオフィスプラグインの提供については制限を設けていないため、プロジェクトの仕様に合わせてユーザー側で柔軟に対応することができます。また、「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」と同じインフラストラクチャを採用しており、翻訳対象のデータを収集することは一切無いため、依頼元企業からGoogleやMicrosoft社の機械翻訳の利用が禁止されているケースでも、安全に自動翻訳を活用いただくことが可能です。

■「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」との違い

商用版と比較して、個人版では月額料金を抑える代わりに、利用人数や対応言語数など、いくつかの項目で制限が設けてあります。詳しくは比較表をご覧ください。

 

■ Service Overview

価格:5000円/月~(初期費用不要。年間契約をすることで、割引価格が適用されます。)

販売方法:SaaSモデルのみ

・使用するサーバーは Amazon Web Services (AWS) となります。

・特許請求項に特化したエンジンを使用する場合には2,000円/月の追加料金が発生します。

・個人版では用語集適用/IP制限オプションは使用できません。

※トライアル期間中に処理できる自動翻訳文字数は、50,000 文字が上限です。

 詳細は、当社によるプレスリリースをご覧ください。

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」バージョン2.0を提供開始
〜知財翻訳の対応強化と英⇔多言語間の翻訳をサポート〜

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000031187.html

[The translation bank]
 

"Translation bank", the Ministry of Internal Affairs and Communications and NICT has started in September 2017, is a framework for integrated translation data in the All-Japan system.To improve the performance of the automatic translation technology, not only the improvement of the translation algorithm, ensuring the quality and quantity of translation data is important.Translation banks by utilizing the automatic translation technology by integrating the translation data, widens the field to cope with automatic translation technology to achieve higher accuracy.

For more information, please refer to the press release by the NICT.

『翻訳バンク』の運用開始
-自動翻訳システムのさらなる高精度化に向けて、様々な分野の翻訳データを集積-

■ Profile

株式会社川村インターナショナル
ホームページ: https://www.k-intl.co.jp/

Headquarters: Shinjuku-ku, Tokyo Kagurazaka 6-42 Kagurazaka Kitagawa building 6th floor
Date of establishment: January 1986
CEO: Midori Kawamura (Midori Kawamura)
Business: Translation solutions, such as translation and machine translation and post-editing, interpretation, production, staffing
Capital:50,000,000 yen

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)について
ホームページ:http://www.nict.go.jp

AddressKoganei, Tokyo Nukuikita-cho 4-2-1
About:In addition to promoting research and development ICT (information communication technology) as the only public research institutions in Japan that specializes, comprehensively carried out the industry, academia and government cooperation and business promotion, etc., addressed to the realization of a prosperous and safe and secure society National research and development corporation.

■ For inquiries about this release is here.

Kawamura International Co., Ltd.
Spokesman:Moriguchi (Moriguchi)
TEL:03-3267-0270 (representative) Email:sales@k-intl.co.jp
URL:https://www.k-intl.co.jp/

Auto-translation for All (Commercial Version)

翻訳バンクを活用した国産ニューラル機械翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」の概要資料です。

(全17ページ)

資料の構成は以下のようになっております。

Topic1 みんなで活用 商用版
Topic2 みんなが納得 3つの特長
Topic3 みんなの悩み 解決します
Topic4 価格表&有料オプション

など

Document requests from competitors or freelance translators may be subject to denial. We appreciate your understanding.